院長ブログ

TEL:03-5703-1321

2021.08.19更新

nou     sinngou

 

 「もうそろそろ限界です」と脳や体から、信号が送られてくることがあります。自分の中から発せられる危険サインに気づいていますか?

たいていの人は気づいているはずですが、必ずしも「これは危険サインなのだ」と自覚を持っているわけではないようです。よくある例を挙げておきましょう。

 

「立ったり座ったりするたびに、どっこいしょ、と口にしてしまう」

「こんなことして何になるのかなと、虚しくなるようなことばかり考えている」

「それまでスムーズにいっていた仕事が、急にむずかしく感じられるようになった」

「ケアレスミスが増えた」

「人が話しかけてくると鬱陶しい」

「電話に出たくない」

「メールの返事をするのがおっくう」

「些細なことでイライラする」

 

こんな脳と身体の警告を無視して続行していくと、どうなるか。

とりあえず「不眠」です。それから、

「朝だるい」

鬱の典型で「食欲が落ちる」(逆にドカ喰いする人もいる)

「ふつうなら楽しいことが楽しくなくなる」

「不眠、早朝覚醒」(疲れているのだからゆっくり休みたいのに、2〜3時間で目覚めてしまう)

「寝つけない」(不眠と早朝覚醒の症状がさらに進んだ状態)

「暗い気持ち」

「お酒やタバコの量が増える」(女性は、甘いものを食べたくなるという人が多い)

というような事態に至ってしまうのです。

 

残業残業の毎日が続いていると、だんだん「何日寝なくても平気!」みたいな妙にハイテンションになりますよね。ドーパミンとアドレナリンが分泌されて戦いモード全開。エンジンがフル稼働している状態です。これは短期的には問題ないのですが、この交感神経興奮を長期に続けてしまうと、まもなく限界に達するようになります。上記の症状はいずれも、限界に達している危険信号のサインです。

 

院長 高橋龍太郎著書『仕事も人間関係も「いっぱいいっぱい」にならない方法』より抜粋

 

I 

 

高橋院長のひと言

自律神経のサインを早く感じとり、オンオフの切り替えを素早くできるようにすることが、ストレスをうまくかわすコツです。 

f     tu

投稿者: 医療法人社団こころの会 タカハシクリニック

2021.08.10更新

どうせあびるなら、冷温シャワーでリフレッシュ

                                                       ani

冷たいシャワーと温かいシャワーを交互に浴びるという方法があります。

冷たいシャワーを浴びると、交感神経がスイッチオンになり、心身ともにキュッと引き締まります。

温かいシャワーを浴びると、副交感神経のスイッチがオンになり、心身の緊張がゆるみます。

これを交互に繰り返すことで、スイッチの切り替えがうまくいくようになるのです。

それはまるで本のページをめくるように、がらっと様子が変わります。

 

もし可能なら、朝、昼、夕方と、1日に数回シャワータイムを設けると気分転換とリフレッシュの効果大です。

そして夜は、ぬるめの湯にゆったりと浸かる。副交感神経がスイッチオンになり、全身がゆるみます。

しかし、寝る直前に入浴すると、皮膚の表面温度だけでなく体内の深部体温が上昇してしまうためかえって寝つけなくなることがありますから、ご注意ください。

そこで、入浴は就寝の3〜4時間前にし、ごく自然と深部体温が下がって眠気が起こるようにすることがポイントです。

熱めの風呂が好きな人なら、できるだけ短時間に済ませる。38度くらいのぬるい風呂なら長く浸かっていてOKです。身体の芯まで温め、そこから数時間かけて深部体温を低下させ、心地よい眠りについてください。

 

dac      bom

高橋院長著書『仕事も人間関係も「いっぱいいっぱい」にならない方法』より、リフレッシュ方法のアドバイスをお送り致します。

投稿者: 医療法人社団こころの会 タカハシクリニック

2021.08.03更新

 

希望を吸って不安を吐き出すイメージ呼吸法

                                                             dan     

 

  呼吸に意識を集中してみてください。

“呼吸”という目の前のひとつの作業に集中することで、次第に雑念が消え、無心の状態になっていきます。すると自然と、緊張も解きほぐされるのです。

 

無心に呼吸をして緊張を解きほぐすコツを体得したら、さらに上級の呼吸法。

それは呼吸に意味をつけていく手法で、頭の中にある「いっぱいいっぱい」の悪いイメージを、呼吸とともに吐き出すことです。

「希望を吸って不安を吐き出す」とイメージしながら深呼吸。あなたの口から不安や心配が抜け出ていくところを、リアルに思い描いて行うといいでしょう。

この要領で、仕事中もたびたび深呼吸を行い、脳と体をリフレッシュしてください。

 

w          a

 

高橋院長著書『仕事も人間関係も「いっぱいいっぱい」にならない方法』より、呼吸法のアドバイスをお送り致します。

投稿者: 医療法人社団こころの会 タカハシクリニック

SEARCH

CATEGORY

PageTop