タカハシクリニックがデイケアに取り組む理由

「心の病や障がいを持つ人が地域社会の中で生きるお手伝いをする」
当院では患者様が最終的に地域社会に何らかの形で参加することがゴールだと考えています。各種デイケアで行うヨガやジャズダンスなどのプログラムは外部より講師を招き、本格的に行っています。患者様、一人ひとりが楽しみながらプログラムを体験していくことが、積極的に地域で生きる意欲につながると信じています。

一般精神デイケア/ナイトケアについて

【デイケアについて】

精神科デイケアとは精神科の治療を受けている方が、リハビリテーションを行う場所です。プログラムと呼ばれる様々な集団活動を通して日常生活や社会生活に必要な力(社会機能の回復)や、自身の回復を目指していきます。デイケアでの活動は、リカバリー(自分で納得、満足できる人生)するための選択肢のひとつです。安心して過ごせる場所があることが、症状の緩和につながります。

 

デイケア週間プログラム

 

午前

午後
ヨガ 卓球・レクリエーション・バレーボール(週替わり)
料理・グループワーク カラオケ
発声法 ジャズダンス
パソコン 英会話
レクリエーション DVD鑑賞・心理教育・SST
アート 生活支援プログラム/フリー

※講師の都合などにより、スケジュールが変わることがあります。
※レクリエーションとして院外へのお出かけイベントも企画しています。

 

詳しいパンフレットはこちらをご覧ください。PDF

 
 

【ナイトケアについて】

「夜になると不安になる」「人付き合いがうまくいかない」といった悩みや、「居場所がほしい」「ゆっくりすごしたい」という希望を持つ方が、日中活動を終えてから一日の締めくくりとして利用できる場所です。

夕食を提供しており、食生活面からもサポートしています。

 

*月曜~金曜の16:00~20:00に開催

*ご希望の方は外来診察時に医師にご相談下さい。参加日数などは、スタッフと相談して決めています。

女性デイケアについて

女性は親子関係や夫婦関係など親密な関係の中でストレスを感じやすいといわれています。また、女性は家庭的な不幸体験から抜け出せずに苦しんでいる人も多くいます。そこで女性同士のグループで様々な日常の問題を共感し合える場を作ることにしました。
参加をご希望される方は外来診察時に医師までご相談ください。

PageTop