プログラム紹介

program

 

 一般精神デイケア・ナイトケア

タカハシクリニックがデイケアに取り組む理由

「心の病や障がいを持つ人が地域社会の中で生きるお手伝いをする」
当院では患者様が最終的に地域社会に何らかの形で参加することがゴールだと考えています。各種デイケアで行うヨガやジャズダンスなどのプログラムは外部より講師を招き、本格的に行っています。患者様、一人ひとりが楽しみながらプログラムを体験していくことが、積極的に地域で生きる意欲につながると信じています。

一般精神デイケア/ナイトケアについて

【デイケアについて】

精神科デイケアとは精神科の治療を受けている方が、リハビリテーションを行う場所です。プログラムと呼ばれる様々な集団活動を通して日常生活や社会生活に必要な力(社会機能の回復)や、自身の回復を目指していきます。デイケアでの活動は、リカバリー(自分で納得、満足できる人生)するための選択肢のひとつです。安心して過ごせる場所があることが、症状の緩和につながります。

 

デイケア週間プログラム

 

午前

午後
ヨガ 卓球・レクリエーション・バレーボール(週替わり)
料理・グループワーク カラオケ
発声法 ジャズダンス
パソコン 英会話
レクリエーション DVD鑑賞・心理教育・SST
アート 生活支援プログラム/フリー

※講師の都合などにより、スケジュールが変わることがあります。
※レクリエーションとして院外へのお出かけイベントも企画しています。

 

詳しいパンフレットはこちらをご覧ください。PDF

 
 

【ナイトケアについて】

「夜になると不安になる」「人付き合いがうまくいかない」といった悩みや、「居場所がほしい」「ゆっくりすごしたい」という希望を持つ方が、日中活動を終えてから一日の締めくくりとして利用できる場所です。

夕食を提供しており、食生活面からもサポートしています。

 

*月曜~金曜の16:00~20:00に開催

*ご希望の方は外来診察時に医師にご相談下さい。参加日数などは、スタッフと相談して決めています。

 

 

【就労支援プログラム『ジョブサポ!』】

 

精神疾患をお持ちの方で、一般就労(アルバイト、一般雇用、障害者雇用)を希望される方向けのプログラムです。

プログラムを通して、自分自身の病気の理解を深め、コミュニケーションの訓練や社会人としてのマナーを身に付けていきます。精神保健福祉士が、ご本人の長所や希望を生かして就職から職場定着まで、ご本人の希望に基づいたワーキングライフをサポートしていきます。

 

 〈対象者〉

・働きたいという希望をお持ちの方

・精神障害により長期に渡って仕事にブランクのある方

・就労経験が乏しい方

・一人で就労することに不安のある方

 

〈内容〉

・定員6名

・毎週木曜日

・12:30~15:30開催

・約3カ月を1クールとしたクローズド制

・ワークブックを利用した講義やロールプレイを実施

・参加人数が集まり次第開催

 

*ご利用にあたって、当デイケアへの登録が必要となります。詳しくはお問い合わせください。

*当院デイケア・ショートケアプログラムと併用しての利用をお願いしております。

*現在就労されている方や休職期間中の方は、当院・同法人内の「リワークプログラム」をお勧めしております。

 →詳しくは『CBT/ リワーク』もしくは『グループクリニックからご覧下さい。

 

 

パンフレットのダウンロード

女性デイケアについて

女性は親子関係や夫婦関係など親密な関係の中でストレスを感じやすいといわれています。また、女性は家庭的な不幸体験から抜け出せずに苦しんでいる人も多くいます。そこで女性同士のグループで様々な日常の問題を共感し合える場を作ることにしました。
参加をご希望される方は外来診察時に医師までご相談ください。

 

依存症(アルコール・ネット)

アルコールデイケア

【アルコールデイケアについて】

「お酒をやめたいのにやめられない」「お酒の問題で困っている」方を対象にしています。
アルコール依存症は回復可能な病気ですが、1人でやめ続けるのは困難です。

同じ悩み持つメンバーと一緒に断酒治療に取り組みましょう。

【男性グループについて】

 

プログラム(ミーティング、教育プログラム、ビデオ学習、運動など)を通してアルコール依存症について学び、飲まない生活を実践することを目指します。同じ問題を持つメンバーの中で、規則正しい生活や対人関係の改善に取り組みながら、社会的自立への準備を行います。

 

参加を希望される方は、外来診察時に医師にご相談下さい。

【女性グループについて】

同じ悩みをもった女性のみのグループなので、安心してご参加いただけます。
プログラム(ミーティング形式のレクチャー、ディスカッション、ビデオ学習など)を通して、アルコール依存症について学び、規則正しい生活や対人関係の改善に取り組みます。

参加を希望される方は、外来診察時に医師にご相談下さい。※月曜日と金曜日に開催しています

アルコール依存症チェックリスト(CAGE)

アルコール依存症のチェックリストには様々な種類が存在しますが、中でもCAGEは、4項目で判定する簡易的なテストです。

 

飲酒量を減らさなければいけないと感じたことがありますか。

 

他人があなたの飲酒を非難するので気にさわったことがありますか。

 

自分の飲酒について悪いとか申し訳ないと感じたことがありますか。

 

神経を落ち着かせたり、二日酔いを治すために、「迎え酒」をしたことがありますか。

 

4項目のうち、1項目でもあてはまればアルコール問題の可能性があり、今までの生涯で2項目以上があてはまれば、チェックリスト上アルコール依存症の疑いがあるとされますので、専門医療機関に相談することをお勧めします。

 

 

 
 

ネット依存症

ネット依存とは
ネット依存とは、インターネットが生活の中心となり、人生をコントロールされてしまう比較的新しいタイプの依存症です。
ネットやオンライゲームに没頭するあまり、中には昼夜が逆転して生活に支障をきたしてしまう人も増えています。厚労省は、国内の成人約421万人(2014年)、中高生では約52万人(2013年)にゲームを含むネット依存の疑いがあると発表しています。最近多いのが、スマホに様々なアプリをダウンロードして楽しんでいるうちに気がつけば何時間も過ぎており、食事が不規則になり、睡眠時間も削られ、翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまう状態です。このままではよくないと分かっていても、ゲームをしていないと気持ちが落ち着かなくなりやめられず、ゲーム内でのレアアイテムを手に入れるために課金を繰り返すうちにお金の問題に発展するケースや、仕事や学校を休みがちになり、結果的に引きこもってしまうケースもよく見られます。

 

ネット依存チェックリスト(DSM-5を参考に当院にて作成)

 

最近12か月の間で当てはまるものにチェックを入れて下さい。

 

インターネット・ゲームに夢中になり、生活のほとんどの時間を費やすことがありますか。

 

インターネット・ゲームができないとき、イライラや不安を感じたり、悲しい気持ちになることがありますか。

 

インターネット・ゲームをする時間が足りない、もっと欲しいと感じることがありますか。

 

インターネット・ゲームをする時間を減らそうと試みたのに、うまくいかなかったことがありますか。

 

インターネット・ゲーム以外に楽しめるものがないと感じることがありますか。

 

生活上になんらかの問題が生じているにもかかわらず、長時間インターネット・ゲームを続けたことがありますか。
 (問題とは、睡眠不足、遅刻、欠席、欠勤、成績低下、仕事上の効率低下やミス、人間関係の悪化等を指します)

 

インターネット・ゲームをしていたことや、どの位時間を費やしたかについて

   家族や友人、または他の大切な人に嘘をついたり、ごまかしたりしたことはありますか。

 

嫌な気持ちを発散させるためにインターネット・ゲームをしたことがありますか。

   またはインターネット・ゲームをしながら罪悪感を抱いたり、不安になったりすることがありますか。

 

インターネット・ゲームのために、大切な人間関係が危うくなったり、失ったりしたことがありますか。

   または、進学や就職の機会を逃しそうになったり、失ったりしたことがありますか。

 

 

 

9項目中、5項目またはそれ以上該当すれば、ネット依存の可能性がありますので、専門医療機関に相談することをお勧めします。

 


【ネット依存 個別相談】
ネット依存は治療が必要な病気です。“意志が弱い”や“ゲームに逃げているだけ”などの偏見もありますが、それは大きな間違いです。自分の意志だけではネット使用をコントロールすることが出来ず、ひとたび崩れてしまった生活を立て直すことも非常に困難です。
当院では、主治医の診察と並行して、経験を積んだ精神保健福祉士、臨床心理士との個別相談を行います。そこでは、ネット依存からの回復を目的としてネットやオンラインゲームなどと上手に距離をとり、生活を立て直す方法を一緒に考えていきます。
初回ご来院の際は、事前に当院までお電話いただき、診察時間をご確認ください。
尚、ネット依存の個別相談に関しては、16歳以上の方を対象にしております。

 

【ネット依存 家族相談】
ネット依存の問題で最初に困るのは、ご本人よりもご家族の方である場合がほとんどです。依存症という病気は、ご本人だけでなくご家族をも巻き込む病気です。その結果、ご本人より先にご家族が心身の不調を訴えることが少なくありません。

当院では、経験を積んだ精神保健福祉士、臨床心理士が家族会を運営します。そこでは、依存症関連の知識と、関わり方を学び、解決の道を一緒に考えていきます。

対象 ネット・ゲーム依存でお困りのご家族の方(ネット依存ご本人の参加はご遠慮下さい。)
※家族会の参加には、あらかじめ初回面接(50分6,600円)を受けていただき、当院のプログラムをご理解いただくことが必要です。
日程 毎月2回、火曜日の10:00~12:00に家族会を開催します

2021年
 7月 6日  7月20日
 8月 3日  8月17日
 9月 7日  9月21日
10月 5日 10月19日
11月 2日 11月16日
12月 7日 12月21日
(来年1月以降の予定に関しましては、12月中旬に掲載しますので、ご確認下さい)

※プログラムのテーマは当日ご参加の方々の状況に合わせて選択します。
(例)どんな問題行動が起きているか・暴力的行動の予防・イネイブリングに気づき、関わり方を変えよう・コミュニケーションを変えるなど
費用 1回3,300円(初回面接のみ50分6,600円)
申し込み 家族会への参加のご希望の方は、まず当院にお電話の上、初回のご予約をお取りください。初回面接は当院のスタッフが担当させていただきます。
その他 初回面接の後、家族会の参加ではなく、家族個別面接(50分6,600円)をお選びいただくことも可能です。初回面接の際、担当スタッフとご相談下さい。なお、家族個別面接には、並行して当院主治医の診察を受けていただくことが必要です。

※インターネットやゲームに依存する問題に対して、ゲーム障害やインターネットゲーム依存症など様々な呼び方がありますが、現在統一した病名がありません。久里浜医療センターではネット依存という呼称が使用されているため、当院でもネット依存と呼んでいます。

【ネット依存 家族相談】
ネット依存の問題で最初に困るのは、ご本人よりもご家族の方である場合がほとんどです。依存症という病気は、ご本人だけでなくご家族をも巻き込む病気です。その結果、ご本人より先にご家族が心身の不調を訴えることが少なくありません。

当院では、経験を積んだ精神保健福祉士、臨床心理士が家族会を運営します。そこでは、依存症関連の知識と、関わり方を学び、解決の道を一緒に考えていきます。

 

リワーク

リワークデイケアの目的

リワークデイケアは、社会人の方で過重労働や職場内外のストレスなどでメンタル休職者となり、
復職を考えている方に再発予防を共に考えながらサポートするプログラムです。

プログラムの進め方

月曜から金曜まで、日中(9時30分から16時まで)のプログラムに参加して頂く事により生活リズムを整えながら、気分や体調の回復をはかります。
その後、集団内での対人関係のパターンなどを振り返りながら、ストレスの対処法を検討します。
ここでは病名や診断名に画一化せずに、その人の発症パターンを振り返ります。
最終的に、これに基づいて自分の再発予防プランを作成して、復職準備に入っていただきます。
また、うつ病などの気分障害では、考え過ぎる傾向が指摘されています。そこで、体を動かしたり、アート作業や英会話などで思考を緩やかに止めながら安全にメンタルヘルスの機能回復を行います。
これらをクリニック内で行う事で効果的なメンタル機能の回復を図ります。
復職後は土曜日にサポートのためのミーティングを開催しています。

参加期間

3ヶ月から6ヶ月を目安にしますが、個人的なご事情に応じて相談の上、変更される場合があります。

利用料金

各種健康保険、自立支援医療制度をご利用いただけます。
1日につき、820円(月内上限額に達するまで。診察とお薬も含みます。)


担当、上原、瀧川

 

サタデイ・アフタヌーン・ケア(認知行動療法 等)

「サタデイ・アフタヌーン・ケア」では、「豊かな人間関係づくり」の方法としてCBTを活用したプログラムを実施します。

 

認知行動療法(Congnitive Behavioral Therapy:CBT)とは

認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種です。「認知」とは、ものの受け取り方や考え方のことです。強いストレスにさらされている時やうつ状態に陥っている時等、特別な状況下では認知に歪みやクセが生まれてしまいます。

 

●座学と演習により自己の認知(自動思考)への理解を深めます。

●出来事-自動思考-感情-行動の相互関係に注目した方法です。

●適切な自己表現(アサーション)を学びます。

 

当院患者様を対象としたプログラムのため、参加を希望される方は、お問い合わせの上、当院主治医にご相談ください。

 

*開催日時 毎週土曜日 午後0:30から

 

心理カウンセリング

「家族との関係がうまくいかない」「職場でのストレスに悩んでいる」「学校に行けない」などの様々な悩みについて、当院主治医の指示により、診察と並行して臨床心理士・精神保健福祉士の専門スタッフがカウンセリングを行っています。対話でのカウンセリングは、問題の気づきを促し、対処法などを考えるきっかけになります。それまで触れることのなかったご自身の内面につきあたり、困難な過程を伴うこともありますが、カウンセラーがその道のりに寄り添い、ともに歩んでいきます。

 

 

・カウンセリングは完全予約制で、1回(約50分)6,600円(税込)、自費(保険適用外)です。

 

・カウンセリングのご希望があっても、症状・悩みごとの内容等により主治医がカウンセリングが適応でない

 と判断した場合は、お引き受けできないことがあります。

 

・カウンセリング継続中は、当院主治医による診察を受けることが必要です。

 

・症状等により、主治医の判断でカウンセリングを中断・休止することがあります。

 

・予約のキャンセルが続いた場合、キャンセル料が発生したり、次回予約をお受けできないことがあります。

 

・カウンセリングの内容を録音したり、インターネット上を含め不特定多数の人に公開することはお断りしています。

 

 

 

また、当院では、主治医の指示により、診断や問題の精査のため各種心理検査(保険適用)を実施していますが、これらは継続的な外来治療に付随するものであり心理検査のみの実施はしていません。

 

 

 

PageTop